このホームページでは冷え性で悩んでいる方に冷え性の原因はもちろん、冷えのタイプや様々な冷え性改善方法を紹介していきます。冷え性を改善して健康な毎日を送るためにお役立てください。





現代の日本は冷え性になりやすい

日本女性は冷えやすい

日本は四方を海に囲まれ湿気も多く、冷えを作りやすい風土とも言われています。女性の場合はさらに男性よりも筋肉が少ないことから熱を作りにくいため冷えやすい体質といえます。日本人の女性に冷え性が多いのは当然のことといえるかもしれません。

現代は冷えやすい社会

また、最近では夏でもクーラーのある生活、足腰を冷やしやすい服装、体を締め付ける服装、ストレスが多い生活、運動不足、睡眠不足、暴飲暴食など冷えをつくる要因が多くあります。

しかし、冷えを作る原因をしっかり知り、冷え対策をしっかり行えばかなり冷え性を改善していくことができます。

冷えは万病の元

冷えは万病の元といわれるように体が冷えることにより色々な体の不調を引き起こす原因になります。
漢方の考え方ではかなりの病気が「冷え」と関係しているという風に考えます。

例をあげると

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 風邪
  • 下痢
  • 胃腸病
  • 喘息・アトピーなどのアレルギー
  • 婦人科病

などがあります。さらにガンなども冷えと大いに関係あると考える方もいます。

また病気までいかなくても、肩こりや便秘、女性の場合、生理痛や不妊にも関係していると言われています。

実際に体温が低下することにより免疫力、新陳代謝も体内の酵素の働きも軒並み低下します。

しかし、逆にいうと体を冷やさないことが健康な体作りにつながるとも言えますよね。

冷え性の原因

冷え性になってしまう原因は体質や生活環境など人それぞれかもしれませんが、何らかの原因があるはずです。しかし、原因がわかればその原因に対して対策をすることが出来ます。たとえば食事が原因で冷え性体質になっているなら、体を冷やす食材をさけて体を温める食材を中心に食事をするなどです。

ただ、ほとんどの場合が複数の要因が重なりあって冷え性体質を作っているのでしょうから、総合的な冷え性対策をしていくことが大事です。それでも自分の冷えがどんな原因で冷え性になるのか、またどのタイプの冷え性なのかを知ることは大切なことです。

冷えと血行不良

冷えと血行不良は相関関係にあります。体が冷えることで血管が収縮し血行が悪くなります。また、血行が悪くなることにより体が冷えます。体を冷やさないこと、血行を良くすることと同時に対策することが冷え性の改善につながります。

冷え性の原因 食べ物

日頃の食生活は私たちの健康や体質を大きく左右します。当然冷え性にもそのことは当てはまります。冷たい食べ物や飲み物は体を冷やすのはもちろん、栄養バランスの悪い偏った食生活は血行不良となり冷え性の原因にもなります。また食べ物には陰陽の性質があり、陰性の食品は体を冷やす原因となります。冷え性でお悩みの方食生活を見直すことも重要です。
こちらの「冷え性の原因 食べ物」のページでもう少し詳しく説明しています。

冷え性の原因 運動不足

現代社会は色々便利になっている反面、昔のように身体を動かす機会が少なくっています。体を動かすということは血行を良くし、筋肉もつきます。血行が良くなると冷え性改善に役立つのはもちろんですが、筋肉も冷え性改善に大変重要です。というのも体温の約3割は筋肉から生み出されているからです。冷え性でお悩みの方は日頃から意識的に体を動かすことを心がけましょう。
こちらの「冷え性の原因 運動不足」のページでもう少し詳しく説明しています。

冷え性の原因 ストレス(自律神経の乱れ)

ストレスが冷え性の原因となるというと意外に思う方も多いかもしれません。しかし、ストレスで胃痛がしたり、頭痛や肩こりなどの体の不調が起きるのと同様にストレスは冷え性の原因になります。身体がストレスを受けると血管が収縮して血行不良となります。ここまで何度もお話ししていますが、血行不良は冷え性の原因となります。慢性的にストレスを受けていると冷え性になるのも当然といえるかもしれません。
こちらの「冷え性の原因 ストレス(自律神経の乱れ)」のページでもう少し詳しく説明しています。

冷え性の原因 環境

上記に挙げた「食生活」「運動不足」「ストレス(自律神経の乱れ)」が冷え性の主な原因となりますが、それ以外にもファッションを意識して寒い時期でも薄着をしたり、スタイルを良く見せるために締め付けすぎる服装を着ることは冷えの原因になります。また、オフィスの冷房なども体を冷やします。こういった衣類や生活環境なども冷えの原因となります。



冷えのタイプ

一言に冷え性といってもその人その人の生活習慣も違うため、原因も異なっていきます。そのため冷え性にも会のようなタイプに分けることが出来ます。

  • 皮膚センサー異常タイプ - 薄着や締め付ける衣類、冷房などが関係しているタイプ
  • 自律神経失調タイプ - ストレスが関係しているタイプの冷え
  • ホルモンアンバランスタイプ - 生理や出産などが影響する女性に多いタイプの冷え
  • パワー不足タイプ - 運動不足、筋肉不足によるタイプの冷え
  • 貧血タイプ - 生まれつきの体質や食生活が関係しているタイプの冷え

当然、上記に挙げたものが複数合わさっている冷え性の方も多いと思います。

こちらの「冷えのタイプ」のページでそれぞれもう少し詳しく説明しています。

末端冷え性

冷え性というといつも手足が冷たいというイメージが強いと思います。おそらく冷え性を自覚しているほとんどの方がこの手足が冷える末端冷え性タイプではないでしょうか。手足などの体の末端部分はもともと血管が細くなるので血行が悪くなりがちです。さらに上記の冷え性の原因で挙げたような、偏った食生活や運動不足、ストレスなどで血行が悪くなると手足が冷える末端冷え性になります。

こちらの「末端冷え性」のページでもう少し詳しく説明しています。

内蔵型冷え性

さきほどの末端冷え性とは違い、あまり手足が冷えを感じないけれども体の中が冷えている冷え性があります。それが内蔵型冷え性といわれるタイプの冷え性です。内蔵型冷え性の方はあまり自分が冷え性だと実感しにくいかもしれませんが、
お腹が冷える
風邪をひきやすい
倦怠感(体がだるい)
厚着をしても冷えを感じる
などの特徴があります。
内蔵型冷え性は主にストレスや疲労など自律神経の乱れが原因といわれています。

こちらの「内蔵型冷え性の」のページでもう少し詳しく説明しています。



冷え性改善方法

それでは冷え性の原因、冷え性のタイプなどふまえて上で冷え性改善方法を紹介していきます。何度書いていますが、冷え性の主な原因は血行不良になりますから、いかに血行を良くして新陳代謝を良くしていくかが冷え性改善の秘訣です。

冷え性改善のための食生活

食生活で何より大切なのはバランスです。バランスの良い食生活を送っていれば、必然的に冷え性の改善に役立ちます。では何をもってバランスが良いとされるのでしょうか?ここでは人間の歯の比率から私たちが食べるべき食べ物のバランスを紹介したいと思います。
人間の歯は臼歯が20本、門歯が8本、犬歯が4本あります。比率にすると臼歯が62.5%、門歯が25%、犬歯が12.5%となります。
臼歯は穀物類を噛むため、門歯は野菜類を噛むため、犬歯は肉・魚類を噛む役割があります。つまり穀物類、野菜類、肉魚類はこの歯の比率を同じように食べるのが人間の本来食べるべき食べ物の比率と考えることが出来ます。
穀物、野菜、肉魚をこのバランスで食べることに加えて、旬の物、つまりその季節に取れるものを食べることで季節の変化に合わせて体調を整えることもできてきます。
これ以外にも食べ物には陽性、陰性など体を温めやすい食べ物、体を冷やす食べ物などがありますから、冷え性でお悩みの方はその辺も知っておくと冷え性改善に役立つはずです。

冷え性改善に役立つ食生活については
冷え性改善 食事」「冷え性改善 栄養」のページでも詳しく説明しています。

冷え性改善 運動

体を動かせば血行も良くなり体も温まります。さらに筋肉がつくことで、体の熱の生産性も上がります。運動をすることは冷え性改善に抜群の効果があります。運動には大きく分けて2種類の運動があります。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋力トレーニングなどの無酸素運動です。できれば有酸素運動と無酸素運度を定期的に行うことが理想ですが、忙しい人はわざわざ運動をする時間を作るのが難しいという方もいるでしょう。しかし、通勤・通学の一駅分だけ歩いてみる、エレベーターを使わずなるべく階段を上がる、寝る前にストレッチをするなど、日常生活の中でなるべく体を動かすことを意識するだけでもだいぶ違ってくるはずです。
こちらの「冷え性改善 運動」のページで冷え性改善に役立つ運動の方法を詳しく説明しています。

冷え性改善 入浴

最近は湯船につからず、シャワーで済ませてしまう方も多いようですが、しっかり湯船につかり体を温めることは冷え性改善に役立ちます。毎日シャワーだったのを毎日お風呂に入るようにするだけでも冷え改善を実感できるはずです。

こちらの「冷え性改善 入浴」のページでは冷え性改善に効果的な入浴方法を紹介しています。

冷え性改善 腹式呼吸

ストレスによる自律神経の乱れも冷え性の原因になります。それでは自律神経を整えるには何をしたらよいのでしょうか。一つには規則正しい生活をするというのがあります。もう一つは腹式呼吸です。呼吸は自分の意志で動かす体制神経と、自分の意志とは無関係に体の機能をコントロールする自律神経の両方の支配を受けています。意識的に呼吸を整えることは自律神経のバランスを整えるに役立ちます。
一日の終わりの就寝前に是非腹式呼吸を試してみてください。

こちらの「冷え性改善 腹式呼吸」のページで腹式呼吸の方法を紹介しています。

冷え性改善 ツボ押し

血行を良くする方法に体のツボを押すのも良いでしょう。自分で押すことが出来る冷え性に役立つツボも多くあるので、テレビを見ながらなどちょっとした時間に自分でツボを押しをしてみてはいかがでしょうか?

こちらの「冷え性改善 ツボ」のページで自分で押せる冷え性改善に役立つツボを紹介しています。

冷え性改善 漢方

冷え性でお悩みの方で漢方薬を飲んでいるという方もいます。漢方ではその人の体質や症状、その時の状態に基づいて漢方薬を処方するので、冷え性を改善したいという方はまず、漢方薬剤師の方に相談して自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

こちらの「冷え性改善 漢方」のページで漢方と冷えについてもう少し詳しく説明しています。

冷え性に役立つ情報

このホームページでは他にも冷え性改善に役立つ情報をこちらの「冷え性コラム」で紹介しています。

冷え性は自分の体質を知り、生活を見直し、しっかり対策していけば改善できます。このホームページが冷え性で悩んでいる方のお役に少しで立てれば幸いです。

Copyright© 冷え性改善方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.