冷え性コラム

妊婦の冷え

投稿日:

妊婦は一般の女性よりも汗っかきだと言われています。
これは妊娠を維持するプロゲステロンというホルモンが増加するためです。
しかし妊婦さんの中には、上半身はほてっていても手足がひんやりと冷たく感じられることが少なくありません。
冷たくなった手足はむくむ傾向にあります。
むくみは非常に不快なものですから、夜寝られなくなるということも珍しくありません。
妊婦さんの冷えは、赤ちゃんの発育にも関わってくるといわれています。
しっかりと対策をすることが大切です。

どうして妊婦は冷えてしまうのか

妊婦さんは少し動くだけで大量の汗をかきます。
こまめに下着を取り替えることができればいいのですが、妊婦さんの体調は不安定でそうもいきません。
汗をかいて冷たくなった下着をそのまま着ていると、妊婦さんの身体はひんやりと冷たくなってしまいます。
また、お腹が大きくなると足の付け根の血流が悪くなるため、特に下半身が冷たく感じることがあります。
夏はエアコンの使いすぎで知らず知らずに全身が冷えてしまうこともあります。
このように、妊婦さんの身体は少し油断しただけで冷えてしまいますから、きちんと対策を講じることが必要です。

妊婦に冷えが大敵なわけ

妊婦さんの身体が冷えると、血流が悪くなってむくんでしまいます。
これはつまり、お腹の中の赤ちゃんに必要な栄養や酸素がいきわたりにくくなるということです。
赤ちゃんが低体重で生まれてくるのも、妊娠中の冷えが原因なのではないかという話がよく聞かれます。
また冷えると子宮が収縮しますから、切迫早産を引き起こす原因にもなりかねません。
胎内で十分に大きくならないうちに外に出てきてしまうと、赤ちゃんの生命の維持にも支障を及ぼしかねませんし、病気にかかりやすくなるともいわれています。
妊婦の冷え対策は、お腹の赤ちゃんを守るために必要不可欠なのです。

妊婦の冷え対策

適切な運動

安定期に入った妊婦さんで主治医の許可を得た人は、積極的に運動をするように心がけましょう。
運動をする前に手足首を良く回すなど、準備体操を念入りに行います。
また万が一に備え、緊急連絡先を書いた紙と1000円程度のお金を身につけて置くと安心です。
始めは家の周りをウォーキングする程度にとどめるようにしましょう。
慣れて来たら大型ショッピングモールなどを歩くのもいいですね。
また温水プールの中で歩くのもとても効果的だと言われています。

手足首を温める

運動中も足首や手首が冷えないように、レッグウォーマーやアームウォーマーで対策をとりましょう。

冷えを防いで元気な赤ちゃんを!

妊婦さんにとって冷えは大敵です。
冷えると体内に血液が十分行きわたらなくなりますから、お腹の赤ちゃんの発育にも影響を及ぼすとも言われています。
またむくみやすくなりますから、不快感を覚える要因ともなります。
人生にそう何度もない妊娠期間を笑顔で過ごすためにも、適切な冷え予防・対策をとることが大切です。
適切な運動をし、暖かいウエアを身につけることで冷えを撃退しましょう。

-冷え性コラム

Copyright© 冷え性改善方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.