冷え性コラム

生姜(しょうが)

投稿日:

冷え性改善に役立つしょうが

身体を温める食材というとまっさきに思い浮かぶのが生姜ではないでしょうか?理屈は分からなくても昔から体を温める食べ物として親しまれてますよね。また実際にしょうがを食べたり、しょうが茶を飲んだりした後は体がぽかぽかしてきます。ここでは冷え性改善に役立つ生姜について知らべてみました。

ジンゲロール

生姜にはジンゲロールという辛み成分が含まれています。このジンゲロールは手先や足先の末梢血管を広げる作用があります。この成分がしょうがを摂取した後に感じるぽかぽかの秘密なんですね。

しかし、ジンゲロールは末梢血管の血流を良くしてぽかぽかと感じますが、じつはこれは体の芯にある熱を身体の先々に送り出すということでもあるので、体の深部体温はやや下がってしまうそうです。

ショウガオール

しょうがの辛み成分にはもう一つショウガオールというものがあります。これは生姜を乾燥させることによりジンゲロンが変化してできた成分です。このショウガオールは胃腸の壁を刺激して体の深部の熱を作り出してくれるのです。

このように冷え性改善にしょうがを活用するのであれば、生でしょうがを食べるよりも乾燥させた生姜をとるほうがより効果的なようです。

金時しょうが

しょうがの中でも最近とくに話題なのが金時しょうがです。金時しょうがは他のしょうがに比べてジンゲロールが約4倍も含まれています。さらに金時しょうがにはガラノラクトンという香りのもととなる成分も特に多く含まれています。ガラノラクトンもジンゲロール同様血行を良くする働きがあります。

冷え対策にぴったりのしょうがですが、なかなか毎日とるのは大変という方にはしょうが紅茶などがおすすめです。

なかでもこちらの金時しょうが紅茶は粉末でお湯をいれればすぐ飲めます。さらにはいみつと黒糖入りなのでほのかに甘く、飲みにくいしょうが紅茶がおいしく飲めます。お好みでミルクを入れても美味しいですよ。

-冷え性コラム

Copyright© 冷え性改善方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.